クラコーの倉敷市の屋根・外壁専門ショールーム|住まいを美しく彩る 住彩(すまいろう)

創業50年の実績
倉敷市最大級ショールーム

0120-0965-04OPEN. 10:00-17:00
日曜・祝日定休

見積依頼

来店予約

スタッフブログBLOG

HOME > スタッフブログ > 屋根・外壁リフォームの豆知識 > 【屋根塗装】縁切り?タスペーサーとは?

【屋根塗装】縁切り?タスペーサーとは?BLOG

倉敷市地域密着49年屋根工事・外壁専門ショールーム住彩(すまいろう)です。

タスペーサーとは?

すまいろうでは、カラーベストの屋根の塗装の際は、タスペーサーを使用し縁切りをおこなっております。

タスペーサー 屋根

 

従来スレート屋根の塗替えの際は、皮スキやカッターなどで塗膜を切って水の逃げ道を作る縁切り工法が多かったのですが、塗料が乾く前に再度くっついてしまうことがあります。それを防ぐために最近ではタスペーサーを使って縁切りをする工法が増えてきました。

 

 

屋根 カラーベスト

↑こちらがスレート屋根です新築の住宅でも多く使用されており、カラーベストコロニアルとも呼ばれております。カラーベストのメンテナンスの周期は7~8年程度と言われており、劣化の症状としては色あせや屋根材の破損・ヒビ割れなどがございます。(カラーベストは塗装をすると劣化してしまうものもございます。すまいろうでは診断士がしっかりとチェックし塗装が出来ない場合はカバー工法や葺き替えなど屋根の劣化状況に合わせたご提案をさせていただきます。)

 

 

そもそも縁切りって必要??

スレート屋根を塗装すると上の屋根材と下の屋根材との隙間を塗料が覆ってしまい密着した状態になってしまいます。

縁切りをせずにそのままにしておくと毛細管現状(水が狭い所に入ろうとする力が働き、重力に逆らって吸い上げられる現象)で吸い上げられた雨水を排出することができなくなり最悪の場合、屋根材下部にある下地材を腐食させてしまい雨漏りしてしまう恐れがあります。

 

タスペーサー 屋根

施工方法は、スレート屋根を洗浄後、下塗り(シーラー、プライマー等)塗布後、十分に乾燥させてからタスペーサーを差し込んでいきます。

今回は2回目の塗替えのため、屋根材重なり部に付着している旧塗膜やその他の汚れを完全に落としてから取り付けます。

 

 屋根 塗装 倉敷

あとはいつも通り、スレート屋根に負担をかけないよう塗っていきます。タスペーサー挿入後は、過度に荷重をかけると割れてしまう恐れがありますのでご注意を!

 

タスペーサー 施工事例 倉敷

写真では分かりづらいですが塗装後も屋根材の間に隙間ができており、屋根材の下に雨水がたまらないようになっております。縁切り工法は屋根塗装をする際にとても重要な工程のひとつです。雨漏りを防ぐためにも必ず実施しておかなければなりません。

※屋根材の種類や屋根が急勾配な場合などは縁切りが必要のない場合もございます。見積りに縁切りついて記載のない場合は、事前に確認しておいたほうがよいでしょう。

 

すまいろうではドローンを使った屋根点検をおこなっております!!お家の屋根がどうなっているのか見てみたい方などお気軽にお問合せください!!

☆ドローン屋根点検についてはコチラ!!

 

★すまいろうショールームのご予約はこちらから

倉敷市近郊で外壁塗装・屋根工事・防水工事・雨漏り補修・シーリング工事などお住まいに関することならお気軽にご相談ください!!

※弊社ショールームでは、コロナウイルス対策のため従業員はマスクを着用してご対応させていただております。

( お電話でのご相談も受け付けておりますのでお気軽にお電話ください)