クラコーの倉敷市の屋根・外壁専門ショールーム|住まいを美しく彩る 住彩(すまいろう)

創業49年の実績
倉敷市最大級ショールーム

0120-0965-04OPEN. 10:00-17:00
日曜・祝日定休

見積依頼

来店予約

はじめて屋根リフォームを行う方へFIRST

HOME > はじめて屋根リフォームを行う方へ

初めて屋根リフォームを行う際に気をつけるべきことBEGINNER’S GUIDE

「普段見えない屋根の劣化が気になる」「屋根の色や雰囲気を変えたい」などの理由から屋根リフォームを検討する人が多いかと思います。
屋根は常に雨風や太陽光にさらされ、紫外線の影響を大きく受けるため、外壁よりも劣化の進行が早くなります。そこで屋根リフォーム(屋根塗装、屋根の張り替え、屋根の重ね張り)をすることで劣化を補修し、安心して
このページでは、屋根リフォームの目的や種類、よくある質問についてまとめてご紹介します。

失敗しないためのポイント

01.屋根リフォームを行う目的は?

屋根リフォームを行う目的は屋根の劣化を補修し、見た目を綺麗にするということです。
多くのお客様が屋根の劣化状況を把握いないのが現状です。築年数が多くなると、「屋根の塗装がはがれて汚くなった」「雨漏りする」など屋根の劣化が原因で引き起こされる症状が現れてきます。皆様は屋根材の寿命をご存知ですか?

  • スレート瓦屋根:耐久年数15~20年(屋根塗装で寿命を延ばすことができる)
  • トタン屋根:耐久年数20年~25年(屋根塗装で寿命を延ばすことができる)
  • セメント瓦:耐久年数30~40年(屋根塗装で寿命を延ばすことができる)
  • ガルバリウム鋼板:耐久年数30~50年(屋根塗装で寿命を延ばすことができる)
  • 日本瓦:耐久年数50~80年

屋根材の寿命を考えることは家全体の寿命に繋がります。屋根は皆様のお住まいを様々な外的環境から守ってくれているのです。
屋根リフォーム(屋根カバー、屋根の張り替え、屋根塗装)を行うことで劣化を修繕し、本来の屋根の役割を取り戻すことができます。最近は、夏の暑さ対策のために屋根に遮熱塗料や遮熱機能を持った屋根材を施工するようなリフォームも増えてきています。住人が快適に過ごせる家づくりのために、屋根リフォームが重要視されてきているのです。

02.屋根リフォームの種類とは

屋根リフォームには大きく分けて3つの工法があります。

  1. 屋根の葺き替え(張り替えとも言います)
    既存の屋根材を取り外して撤去し、新しい屋根材に交換する方法です。屋根をそのままそっくり新しいものに取り換えるため、屋根リフォームの中で最も費用がかかります。屋根材が寿命を迎えていて雨漏りが発生している場合や、ひび割れ・破損が目立つ場合、屋根のイメージを一新したい場合などにおすすめです。
  2. 屋根カバー(屋根の重ね張り)
    既存の屋根材に新しい屋根材をかぶせる(カバーする)方法です。カバー工法の場合は葺き替えと異なり、既存の屋根材を撤去する必要がありません。そのため廃材撤去費がかからず、高額な費用をかけることなく屋根を新品の状態にできます。「短い工期で安く屋根リフォームがしたい」という方におすすめです。
  3. 屋根塗装(塗り替えとも言います)
    既存の屋根材に塗装工事を行い、劣化を抑える方法です。上記2つの工法に比べて、費用を抑えることができます。10年に1回のペースで塗装を行うことで、屋根の劣化を防ぐことが可能です。しかしあまりにも劣化が進んでいる場合は塗装はできません。劣化状況を専門家にご相談することをおススメいたします。

03.屋根リフォームのよくある質問

屋根のリフォームを検討している方からよくいただく質問をまとめました!

屋根塗装に使用される塗料にはどのようなものがありますか?
ウレタン塗料・シリコン塗料・フッ素樹脂塗料、無機塗料、遮熱塗料、断熱塗料があります。
それぞれ特徴や価格・耐用年数に違いがあるため、比較してみましょう。
屋根リフォームが節電につながるというのは本当ですか?
遮熱や断熱効果のある塗料を使ってリフォームすることで、太陽光による暑さを和らげることができます。その結果、冷房の使用を減らすことができて電気代の節約につながります。
スレート屋根のメリットを教えてください。
シンプルなデザインなのであらゆる住宅に合いやすく、軽くて加工も簡単です。対応できる業者も多いため、安心してリフォームを依頼できるでしょう。
突然やってきた屋根の訪問業者に「屋根を工事しないと家が危険!」といわれ、屋根のリフォームをすすめられました。依頼しても大丈夫でしょうか?
訪問販売業者は利用しないことをおすすめします。不安をあおり、不要な屋根工事を強引にすすめてくる例も多いため、断るようにしましょう。地域密着で店舗を持った会社を選ぶことをオススメ致します。
屋根のリフォームにかかる費用は、どの業者でも同じですか?
いいえ。業者によって差があるため、事前に複数の業者に無料見積もりを依頼し、比較してみることをおすすめします。大まかな相場を把握したうえで適正価格でしっかりとした施工を行ってもらえる会社を選びましょう。

会社選びの基礎知識
屋根リフォーム会社を選ぶためのポイント

一概に屋根リフォーム会社といっても様々な業者がいます。屋根リフォームで失敗しないためにも安心して任せられる会社を選びましょう。
ただ、どのような会社に任せたらよいのか分からない方も多いかと思います。
ここでは屋根リフォーム会社の選び方をお伝えさせていただきます。

01.施工実績のある会社を
選ぶ

屋根リフォームを行う会社にとって1番の実績は施工事例です!
施工事例が多いということは、これまでにしっかりとした提案と施工を行い続け、選ばれ続けている会社ということです。
また、多くの現場を施工しているため、データや経験をもとにお客様のご要望に合わせた提案・施工を行うことができます。
屋根リフォーム会社を選ぶ際は是非「施工事例の数は?」と質問してみてください!
施工事例の数やBeforeAfter写真だけではなく価格・地域・施工内容まで詳細に説明してくれる屋根リフォーム会社が理想的です。

02.創業年数の長い会社を
選ぶ

「保証10年!」や「アフターフォロー10年!」などを謳っている屋根リフォーム会社は多く存在します。
実際に保証はつけるものの、創業わずかの会社がこれを謳っていることが多々あります。
会社が10年間存続せず倒産してしまっては、保証やアフターフォローは全く意味をなしません。保証が認められず泣き寝入りするはめになるかもしれません。創業から長く続く実績のある会社に依頼することで施工後も保証をしっかりと受けることが出来、安心して過ごすことが出来ます。

03.地域密着の会社を
選ぶ

屋根リフォームをする際は、必ず地域密着の会社を選ぶことをオススメ致します。
なぜなら、皆様のお住まいに何かあったときにスピード対応が可能だからです。
会社とお客様の距離が近いため、雨漏りや屋根が飛んだなど万が一の緊急事態でもすぐに駆け付けることができます。
また、施工中にはどれだけ気を付けていてもハプニングや問題が発生することがあります。
その際にすぐに現場にきてスピード対応してくれる業者でなくては安心して任せることはできません。
施工後もアフターフォローや定期点検を通してずっとお付き合いのできる地域密着の屋根リフォーム会社を選びましょう!

屋根リフォーム工事の基礎知識

GUIDE 1.屋根カバー工法の基礎知識

屋根カバー工法について詳しく知りたい方のために屋根カバー工法のメリットとデメリットをお伝えいたします!
屋根カバー工法は既存の屋根材に新しい屋根材をかぶせる(カバーする)施工なので、一番のメリットは解体工事を行わず施工でき解体工事費と廃材処理費を節約できるという点です。
解体工事が必要ないため工事中も普段と同じように生活することが出来ます。
さらに屋根塗装や屋根葺き替え工事と比べて短い工期で施工でき、その分費用も安くすることができます。
また、屋根が二重に重なるので断熱効果も高くなり電気代の節約にも繋げることが出来ます。様々なメリットがある屋根カバー工法ですがデメリットもあります。

  1. 瓦屋根には不向きであり、太陽光発電の設置は難しい
  2. 屋根が重くなるので耐震性が低くなる
  3. 下地が腐食したままカバー工法で施工を行うと、メンテナンスのコストが高くなる
    劣化した下地を放置したまま施工をしてしまうと、いざ下地補修をしなくてはならない時に元々ある屋根とカバー工法で設置した屋根の2つの屋根を剥がすことになり、工事費用が高くなってしまいます。

このようにメリットとデメリットがありますので、よく考えてカバー工法を選択するかどうかを決めることをおすすめします。
住彩ではこのような相談も無料で受け付けていますので、お気軽にご相談ください。

GUIDE 2.屋根葺き替え工事の基礎知識

屋根の葺き替え工事は古い屋根材を取り外すので、下地や土台となっている野地板など普段では手入れのしにくい部分も同時にメンテナンスや補修を行うことができます。
屋根の葺き替え工事は屋根の老朽化や耐震対策を行いたいなどお客様の事情やご要望に応じて様々なパターンで工事を行うことができます。葺き替え工事をされるお客様は瓦屋根のお家にお住いの方が多くいらっしゃいます。
一般的な100㎡の家で瓦屋根の場合、屋根の重さは約6tにもなりますが、瓦屋根を金属屋根に葺き替えると重さが1/10の600kg程度になります。
屋根が重ければ重いほど家の重心が高くなるので耐震性の低い家になります。
また、近年では大型の台風なども発生しており、瓦が風で飛ばされると大変危険な為、災害対策なども必要です。金属屋根以外にも軽い素材の屋根材で葺き替え工事をすることも可能です。
「瓦のような見た目が良い」「どうしても瓦じゃないと嫌だ」といったご要望にもオススメの葺き替え工事の屋根材があり、見た目や質感は従来の瓦とほとんど変わらず、重さのみ1/2も軽くなったハイブリッドタイプの瓦です。
ぜひ、屋根リフォーム会社に聞いてみてください。

葺き替え工事には、一部だけ屋根材を葺き替える「一部屋根葺き替え工事」と全面的に葺き替える「全面屋根葺き替え工事」があります。
また葺き替え工事と同時に雨どいの交換を行うのが一般的です。

現在瓦屋根で劣化状況などに不安がある場合は1度無料診断を受けることをおススメいたします!

GUIDE 3.屋根塗装の基礎知識

屋根塗装をすることで建物の劣化を防ぎ、建物を守ることもできます。
また塗料によっては家の中を快適に過ごすことが出来るような性質を持っており、かなり応用の効く屋根リフォーム工事です。どんな建物でも劣化は進行します。その理由は大きく分けて3つです。

  1. 経年劣化
    瓦屋根では何枚も漆喰などを重ねるので経年劣化で漆喰が浮き上がって瓦がずれてくることがあります。
  2. 雨や風・台風といった自然現象による劣化
    雨によって水が溜まればじめじめし、藻やカビの発生にも繋がります。また台風だと物が飛んできて当たってしまい、直接屋根が傷つく原因になります。
  3. 紫外線によるダメージ
    屋根は外壁よりも日光が当たる時間が長く、紫外線によるダメージが強くなります。屋根塗装をすることでダメージを減らすことはできますが、塗料も紫外線によってダメージを受けていきます。

屋根塗装をすると、上記の2つ目と3つ目の藻やカビの繁殖を抑えたり、紫外線による建物へのダメージを軽減することが出来ます。
しかし、屋根の劣化は外壁と比べて早く築6年以上経っているお家は無料診断を受けてみることをおすすめします。

専門スタッフが
誠心誠意アドバイスさせていただきます。

以上、失敗しない屋根リフォームのためのポイントをお伝えさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

もっと知っておいてほしい事はたくさんあるのですが、あまりに多くの事をお伝えしても分かりにくくなるので要点を絞って掲載させていただきました。最後までお読みくださり誠にありがとうございました。

分からない事やご不明点などございましたら、「すまいろう」までお気軽にお問合せください。屋根リフォームの専門スタッフがお客様のお悩みや不安を一緒になって解消できるようアドバイスさせていただきます。もちろん無料です。

その相談に乗ったからといって、強引な営業、無理強いは絶対に行ないません。
今後とも岡山県倉敷市の屋根・外壁専門 すまいろうをどうぞよろしくお願いいたします。