クラコーの倉敷市の屋根・外壁専門ショールーム|住まいを美しく彩る 住彩(すまいろう)

創業49年の実績
倉敷市最大級ショールーム

0120-0965-04OPEN. 10:00-17:00
日曜・祝日定休

見積依頼

来店予約

スタッフブログBLOG

HOME > スタッフブログ > 屋根・外壁リフォームの豆知識 > 住宅付帯部のご説明

住宅付帯部のご説明BLOG

倉敷市地域密着49年 外壁塗装・屋根工事専門ショールーム すまいろうです。

住宅付帯部のご説明

屋根・外壁塗装をされるときに屋根・外壁以外にも塗装をする箇所はたくさんあります。すまいろうが塗装をする際に基本的に塗装をおすすめしている箇所を今回はご紹介いたします!

 

住宅 付帯部 塗装

 

1.軒天上

外壁から飛び出ている屋根の裏側のことを指します。「軒天」「軒裏」「軒先」などと呼ばれます。ケイカル板や合板などがよく使われており、和風な住宅では木を張っている場合もございます。最近では、軒天専用塗料で虫よけ機能付きの塗料もあります。

 

2.雨樋

屋根に落ちた雨水を軒先に集め、地下や下水まで排水する細長い樋のことです。住宅によって形も様々で丸いものや四角いものが一般的です。屋根の軒についているものを「軒とい」、軒といから縦についているものを「竪とい」と言います。屋根や外壁と一緒に塗装し、色を変えることで建物全体のアクセントにもなります。破損箇所の部分交換や複数の箇所が劣化している場合は全体交換もできますのでご相談ください。

 

3.ボーダー

外壁の1階と2階の見切りに使われている板を「ボーダー」や「幕板」と呼びます。外壁と同じ色にすることで統一感を出したり、ツートンカラーの見切りとして使ったりとボーダーの色を変えることで外観が引き締まった感じになります。

 

4.破風

雨樋で隠れてしまっているのですが屋根に付いているところが「破風板」です。破風板の役割とは、屋根の下や横から吹く雨風から屋根内部への吹込みを防止する役割があります。他にも、防火性能や雨といの下地になったりと目立たない部分ですが大切な部分です。紫外線などで劣化をしてしまうので、塗装をしてしっかりと保護しておきましょう。

 

5.水切り

外壁の下部分、基礎との仕切りが水切りです。水切りは外壁から流れた雨が基礎内部への侵入を防ぐために取り付けてあります。他にも、下屋(1階の屋根)との壁際にも壁際水切りがある場合もご一緒に塗装をすることをお勧めしております。

 

6.基礎

住宅の土台部分に見えるコンクリート部分です。以前は通気性が悪くなるため塗装をしない方がよいと言われてきましたが、防水性を高める、美観を保つという観点から塗装をすることが増えてきました。弊社で塗装をする場合は基礎の劣化状況を確認し、通気性のよい塗料を使っておりますのでご安心ください。

 

 

付帯部はお家によって素材なども様々です。すまいろうでは下地の種類や劣化状況に最適な塗料をご提案いたします!付帯部の色を変えるだけでもおうちのイメージがガラッと変わりますので、カラーシュミレーションではイメージしやすいように付帯部の色も変更できるようにしております!せっかく塗装をするなら雰囲気を変えてみたい!という方は是非一度ご相談ください!!

塗装工事の進め方が気になる方はコチラもご覧ください!

 

 

★すまいろうショールームのご予約はこちらから

倉敷市近郊で外壁塗装・屋根工事・防水工事・雨漏り補修・コーキング工事などお住まいに関することならお気軽にご相談ください!!

※弊社ショールームでは、コロナウイルス対策のため従業員はマスクを着用してご対応させていただております。

( お電話でのご相談も受け付けておりますのでお気軽にお電話ください)