クラコーの倉敷市の屋根・外壁専門ショールーム|住まいを美しく彩る 住彩(すまいろう)

創業49年の実績
倉敷市最大級ショールーム

0120-0965-04OPEN. 10:00-17:00
日曜・祝日定休

見積依頼

来店予約

スタッフブログBLOG

HOME > スタッフブログ > 屋根・外壁リフォームの豆知識 > 外壁塗り替えのサイン

外壁塗り替えのサインBLOG

倉敷市の 外壁塗装・屋根工事専門ショールーム すまいろうです。

外壁塗り替えのサイン

お住まいの地域の環境により外壁の塗替えの時期は変わってきます。紫外線や雨風、湿気による外的要因や経年劣化により外壁にヒビが入ってしまったりと劣化の原因は様々です。今回はすぐに確認のできる塗り替えのサインをご紹介いたします。

 

1.チョーキング現象

壁を手で触ったときに白い粉状のものが手に付く場合はチョーキング現象が発生しております。塗膜が紫外線により劣化し粉状になり、壁の防水機能が低下しているサインです。外壁を水でキレイに洗い流しても、塗膜自体が劣化しているのでまた粉が出てきます。チョーキング現象が出てきたらすぐに塗り替えないといけないというわけではありませんが、放置してしまうとカビや藻が付着しやすくなり、ヒビ割れも起きやすくなってしまいますので外壁自体の耐久性が悪くなってしまいますのでご注意を!!

外壁 チョーキング

 

2.外壁の色あせ

紫外線の影響により色があせてしまいます。日当たりのよい箇所と日の当たりにくい箇所を比べてみてください。色あせは日当たりによってかなり差が出てきます。現在では塗料も改良されており色あせしにくい塗料も出ておりますので色あせの気になる方はご相談ください。

外壁 色あせ

 

3.カビ・藻の付着

塗膜が紫外線により劣化し防水性が低下していると、カビ・や藻などが外壁に付着しやすくなってしまいます。湿気の溜まりやすい北面や、お風呂場、キッチンなど水回りの外壁面などに発生しやすいので確認してみてください。

外壁 汚れ

 

4.外壁のヒビ割れ・破損

モルタルの壁は経年劣化により表面にヒビ割れ(クラック)が出てしまいます。放置してしまうと壁の中に雨水が侵入し、最悪の場合家の中にまで浸水してしまうおそれがありますので早めの対策が必要です。小さなヒビ割れ(ヘアークラック)は塗膜のみがヒビ割れていて外壁自体は無事なのですが、塗膜が経年劣化により耐久性を失っている状態なので早めの塗り替えをオススメします。

外壁 劣化

 

5.コーキングの縮み・ヒビ

サイディングの継ぎ目などのコーキング部分も紫外線の影響により劣化してしまします。外壁のヒビ割れ同様浸水の可能性がありますのでご注意ください。お住まいの地域の環境にもよりますが、10年程度でひび割れが発生してきます。隙間が出てきたり、指で押して弾力がなくなっていたら劣化してしまっているのでご相談下さい。

外壁 コーキング 劣化

 

この他にも、塗膜の浮きや剥がれなどお住まいの環境により外壁は経年劣化してしまいます。外壁の塗り替えの時期はお住まいの劣化状況によって様々です。大切なおうちの耐久性を高めるためにも塗り替えのサインをしっかりとチェックしておきましょう。より長くおうちの美観を保つためにも、防水性を保つためにも、このような症状が見つかれば外壁塗装をご検討ください。

 

 

★すまいろうショールームのご予約はこちらから

倉敷市近郊で外壁塗装・屋根工事・防水工事・雨漏り補修・コーキング工事などお住まいに関することならお気軽にご相談ください!!

※弊社ショールームでは、コロナウイルス対策のためマスクをしてご対応させていただております。

( お電話でのご相談も受け付けておりますのでお気軽にお電話ください)